経営改善の進め方⑨ 重要指標による経営診断

おはようございます。所長の山本誉です。

最近は、在宅ワークが週のうち5日~6日、つまり、仕事で外出するのが、

週1日~2日程度になりました。


この在宅ワークが長く続くうちに、生活パターンも「在宅ワーク」のに沿ったものとして

固定してきたようになりました。


「サラリーマンのマンネリ生活」とは、以前良く耳にした言葉ですが、

今は、「在宅ワークのマンネリ生活」が続いている感じです。

もともと、在宅ワークが苦痛でない私にとっては、割と気に入っている

「マンネリ生活」です。



さて、今回からは、経営改善を本格的に行うための、

少し専門的な内容について説明していきたいと思います。


下図は、特に「キャッシュ・バランス」を意識した重要指標数値です。



















この重要指標数値の各項目については、

これまでのブログで説明しましたので、ここでは割愛させていただきます。


この重要指標数値を具体的に当てはめ、下表の経営判定表に基づいて、

自社の経営診断を行ってみてください。


以前説明した、「簡易経営分析」よりも、実効的な経営分析が行えます。


























【お知らせ】

このブログの元ネタとなっている著書、「手元資金を増やす中小企業の経営改善の進め方」が、

今年1月14日に中央経済社から出版されました。全国の大型書店やAmazonで購入できます。 (下の画像をクリックするとAmazonの紹介・購入ページが開きます)


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示