決算書の落とし穴

おはようございます。所長の山本誉です。

ようやく春めいた日が続くようになりましたね。

新型コロナの感染者数は激減していないものの、

現段階で政府は、これ以上、緊急事態宣言を延長しても、

それで感染拡大が収まるのか懐疑的なため、

3/21までで、緊急事態宣言は解除される方向のようですね。

緊急事態宣言は解除されても、コロナ対策は十分に行わなければいけませんが。



さて、今回は、「決算書の落とし穴」というテーマで、

少し、興味のあるお話をさせていただきます。 「決算書の落とし穴」というと、

「粉飾決算の話でしょ」とか、「会計処理方法の問題でしょ」と思われた方も

多いと思います。


しかし、今回お話したいのは、「決算書の性質からくる落とし穴」の話です。


少し専門的な話になりますが、

「企業は永久に継続し続けるもの」(ゴーイング・コンサーン)

と会計ではとらえるため、企業の経営状況を知るためには、

ある期間で「区切って」、その財産状態や経営成績を知る必要が生じます。


そこから、「会計期間」という期間(期日)を設けることが必要となり、

その期間ごとに、経営状況を株主等の利害関係者に報告するのです。

それが、「決算書」です。


しかし、それは例えていうと、日々事業活動を行い、

「動き続けている」企業の、ある時点での事業活動の成果を、

「写真」(静止画)に投影したものに他なりません


例えば、貸借対照表の現金預金や、売掛金は、

決算日の翌日になると、大きく減少しているかもしれません。


そこで、「決算書」をみるときに注意しなければならないことは、

「決算書とは静止画である」

ということと、

「会社の経営状況は『動画』で把握しなければならない」

ということです。


その動画の1つが「キャッシュ・フロー計算書」です。

また、数期間の「累計キャッシュ・フロー計算書」をみると、

もっとより正確な動画になります。


「決算書」とは静止画であるため、

真実の企業の姿を表していないかもしれない。

決算書を基にした「各種財務指標」もまたしかりです。


そう思って、決算書の「トラップ」にはまらないように注意してください。



【お知らせ】

皆様のお力添えにより、1月14日に著書が出版されました。ありがとうございます。 そこで、著書をご購入いただいた方には、「出版記念特別解説セミナー」(オンライン) にご招待させていただきます。宜しくお願いいたします。  ⇒ 詳細・お申込み



閲覧数:14回0件のコメント