ビジネスの創り方① 「ビジネス創業思考」の必要性

更新日:2021年6月9日

こんにちは。所長の山本誉です。

今回から、このブログでは、「ビジネスの創り方」と題して、具体的に起業、創業して、

ビジネスを創り出していく上で必要なポイントについて、わかりやすく説明していきたいと思います。

初回となる今回は、「ビジネス創業思考」の必要性について説明したいと思います。



1.「ビジネス創業思考」の必要性 現在の私たちをとりまく社会・経済の状況を考えると、時として、暗澹たるものを感じます。

そこには、もはや、夢や希望が見出せないような、絶望感を感じることすらあるのではないでしょうか?


それは、以下のような言葉に象徴されると思います。


・現下のコロナ禍による影響

・AI、ITなどの急速な技術発展による産業構造の変化

・終身雇用制度の崩壊

・リストラ

・高い失業率

・老後の不安


そして、今起きているこれらの現象は、数年我慢すると、自然に景気が上向いて、

徐々に解消されるような性質のものではなくて、


「世界的規模での社会・経済構造変革」が起因して起こっているものであるため、

以前の「高度成長期」のような、「古きよき時代」が再来することはありえない、

と断言してもいいのではないかと思います。


このような時代を迎えて、私たちが自分の人生や生活を守っていくためには

どうしたらいいのでしょうか。


その問いに対する答えの一つが、


「会社や社会に依存することなく、自分で稼ぐ力を高めること」

  

つまり、起業や副業といった、やり方はいろいろあっても、

「自力で稼ぐ力」を高めることだと思います。


たとえば、副業やギグワークといった方法により、

収入源を1つの会社だけに頼らず複数化すること。


あるいは、「ビジネス力」を高めて、独立・起業を行うことにより、

収入を会社に依存せず、完全に「自己責任」の下において、

自分でコントロールできるようにする。


そういったことが必要となっている気がします。

  

私が「ビジネス創業思考」と呼ぶものは、


自分で「ビジネスを創業する」という思考を持って、

会社や社会に依存する「危ない生き方」から脱却する思考


を指して、そのように呼ぶこととしました。


これからの時代を生き抜くには、この「ビジネス創業思考」こそが、

重要になると確信しています。

【お知らせ】

著書「手元資金を増やす中小企業の経営改善の進め方」が、

今年1月14日に中央経済社から出版されました。全国の大型書店やAmazonで購入できます。

是非ご一読ください。

(下の画像をクリックするとAmazonの紹介・購入ページが開きます)


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示