「アクルーアル」という指標について

おはようございます。所長の山本誉です。 最近は、すっかりオンラインミーティングにも慣れましたが、

オンラインミーティングのメリットとデメリットもわかってきました。

そんな中、意外と使い勝手がいいのではないかと思ったのが「電話」です。

なにせ、事前準備が必要なく、思いついたらすぐに相手と話ができる。

LINEやFBメッセージと違って、長たらしい文章を入力する手間もない。

そんな訳で、最近、電話の利便性を再評価しているところです。 さて、今回は、「アクルーアル」という聞き慣れない財務指標について、 説明させていただきます。


アクルーアルとは、「会計発生高」と呼ばれ、「質の高い利益」が

どの程度あるのかをみるのに使われる指標です。


「質の高い利益」とは、「現金の裏付け」を伴う利益のことで、

アクルーアルは以下の数式で算定されます。


アクルーアル(会計発生高)=特別損益を除いた税引後利益-営業キャッシュ・フロー


特別損益を除く理由は、異常かつ一時的な損益の影響を排除するためです。


このアクルーアルの「マイナスの金額が多い」企業ほど、

利益の質の高い企業ということになり、企業評価が高くなります。


指標や考え方としては、とても単純なものですが、

このアクルーアルが、自社企業の場合、プラスかマイナスかを知っておくことは、

とても有意義であると思われます。


この指標を算定されたことがなければ、一度、自社企業について算定してみると

自社の利益の質が良く理解できると思います。



【お知らせ】

皆様のお力添えにより、1月14日に著書が出版されました。ありがとうございます。 そこで、著書をご購入いただいた方には、「出版記念特別解説セミナー」(オンライン) にご招待させていただきます。宜しくお願いいたします。  ⇒ 詳細・お申込み


閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示